Amazonのアカウントを2段階認証化した

Amazon.co.jpのアカウントを2段階認証化しました。

Amazon.co.jpがアカウントの2段階認証化に対応したとの話を聞いたので、早速試してみました。

Amazon.co.jpにログインし、「アカウントサービス→アカウント設定を変更」と進み、「高度なセキュリティ設定」に進みます。認証コードの受取方法として、SMSと認証アプリ(TOTPアプリ)の2種類が選べます。自分は認証アプリにしました。

画面に表示されるQRコードを認証アプリで読み込み、認証アプリに表示される6桁の数字を画面に入力すれば、設定完了です。

ちなみに、Kindle Paperwhite等のKindleデバイスやAmazon関連アプリを従来通り使えるのかどうかが気になるところですが、既に使用中のKindle PaerwhiteやiOS版Kindleアプリ・Amazonアプリ(買い物アプリ)については、2段階認証設定後も認証コードを聞かれることなく、従来通りに問題なく使えています。おそらく、新規にデバイスなりアプリでAmazonアカウントを登録する際に、パスワードに加えて認証コードの入力を求められるようになるのだろうと思います。一度登録してしまえば、その後はいちいち聞かれない仕様になっているようです。

ちなみに認証アプリには、定番のGoogle Authenticatorではなく、IIJ謹製のIIJ SmartKeyを使っています。

IIJ SmartKey

IIJ SmartKeyアプリは、IIJが自社サービスのSmartKeyマネージメントサービス用に準備したものらしいですが、TOTP規格(Time-based One-time Password, RFC 6238)に対応した汎用のワンタイムパスワードアプリとして、Google Authenticatorの代替として使うことができます。このアプリの存在を知ったのはIIJmioミーティング7に参加した時で、それ以来ずっと問題なく使っています。お堅いイメージのIIJにしては(失礼)、アイコンやアプリ画面のデザインが秀逸なのも気に入っています。

Amazon.co.jpのアカウントを2段階認証化できて、ネット関連アカウントの大半を2段階認証化できましたが、唯一2段階認証に未対応なのが、IIJmioのmioIDです。ログインすれば個人情報の宝庫ですし、無断でSIMを追加・削除される等のリスクもあるので、早急に2段階認証に対応して欲しいと願っています。IIJはIT企業ですし、自社サービスとしてSmartKeyマネージメントサービスを提供しているほどですから、技術面での困難はないはずです。みおぽんアプリの改修は必要になるのだろうと思いますが。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク