ブログ再開宣言

毛流麦花です。

本ブログはこれまで、開店休業なのか不定期更新なのか、よくわからない状態でやってきましたが、心機一転、ブログを再開することにしました。

理由(きっかけ)は、クラッドさん(@kura_investment)と、もみあげさん(@momiage0088)のブログを読んで、よい刺激をいただいたからです。

おふたりのブログとも、非常に分析内容が詳細かつハイレベルで、読んでいて勉強になります。素晴らしいブログなので、読んでいると「自分でも何か書きたい」という気になってきます。

正直、おふたりの記事みたいに詳細な分析をできるだけの技量は、毛流麦花にはありません。株価を見る目安としてはPERやPBRくらいしかわかっておらず、企業価値評価手法(バリュエーション)については目下勉強中ですし、財務諸表についても理解できたと言える状況にはなく、株価や為替チャートのテクニカル分析、経済指標についても然りです。

しかしながら、スウェーデン語の文章を読んで日本語に翻訳する(自分的には「スウェーデン語で言わんとしていることをぴったりの日本語で言い換える」)のは大好きですし、実際、個人的に(というか若気の至りで)スウェーデン語の長編の文学作品を翻訳したこともあります。

だったら、スウェーデン、いや北欧(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド)の全上場企業の企業概要を日本語で読めるブログくらいだったら自分にでも作れるのでは、と思ったのがブログ再開のきっかけです。(正直、フィンランド語だけ、他の言語(スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語、アイスランド語)とかなり異なる言語なのですが、そこについては別途、ということで。)

ブログ再開については、他のきっかけというか動機もありまして、それは「日本企業を理解するのに、日本企業だけを見ていてはダメだ」となります。

日本の個別株投資を目指して、日本企業の企業概要の把握や分析に取り組みつつありますが、なんといいますか、日本企業だけを見ていると、閉塞感というか視野が狭くなってくるというか近視眼的になってくるのを感じます。「地球上には、日本だけでなくスウェーデンもある。だったら、両方の国の全上場企業を俯瞰しつつ、日本企業を眺めた方が、より正しく企業を理解できるようになるのでは」、これがブログ再開のもうひとつのきっかけです。

スウェーデンの上場企業といいましたが、現状日本国内でのスウェーデン個別現物株投資については、毛流麦花の知る限り、大和証券しか対応していないように思います。サクソバンク証券については、国内口座についてはスウェーデンの個別現物株には未対応で、海外口座でしか対応していないようです。

もちろん、国内のネット証券がスウェーデンの個別現物株に(特定口座で)対応してくれたら、速攻で口座開設するつもりですが、現状期待薄なので、とにかくスウェーデンというか北欧の全上場企業の企業概要を把握することに力点を置きます。

ブログ再開の1記事目は、スカンジナビア航空(SAS)を予定しています。スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの3か国の株式市場に上場(パラレルリスティング)している企業ですが、スウェーデンに傾倒した当初から、スウェーデン渡航の際にはお世話になっている企業で、倒産寸前になったり労使対立したりする度に現地メディアで大きく取り上げられるなど、話題には事欠かない企業です。1~2週間程度かけて書く予定です。(と書いて、自分を後戻り(ブログ再開、やっぱり止めた)できない状態に追い込む。)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク